検索
  • 福富裕明弁護士

扶養手当の請求


令和2年10月15日最高裁判決では、

非正規労働者であっても、正社員と同じ仕事をしていれば、扶養手当などの手当がもらえると判断されました。


これまで、非正規労働者は扶養手当などがもらえなかったケースが多かったと思いますが、この判決で、もらえる可能性が出てきました。


そうはいっても、誰でも非正規労働者であれば、扶養手当などがもらえるわけではありません。

判決では、契約社員に扶養親族がいて、継続的勤務が見込まれればもらえるという理屈です。ここの継続的勤務については、契約社員は有期雇用となっていますが、更新されることで継続的な勤務が見込まれることになります。

なお、契約社員がこれまで何回か更新されていれば、その後も更新がなされる期待が生じ、更新拒絶とはならないので、同じく継続的勤務が見込まれるでしょう。


アルバイトも同じであろうと思います。

ただ、学生のアルバイトのように、一時的なものについては、継続的勤務が見込まれませんので、各種手当はもらえないでしょう。


まずは相談をしてみてください。

38回の閲覧

弁護士 福富 裕明​

Copyright©2020 Hiroaki Fukutomi

Attorney at law

​Daini Tokyo Bar Association

  • Twitter Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now