検索
  • 福富裕明弁護士

東京都の理美容業者の救済


先日、東京都は理美容業者の救済に、15万円の給付金給付の発表をしました。

ゴールデンウィーク中に自主的に休業したお店に対して給付するものです。

理美容業者は東京都の休業要請業者の対象ではなく、休業するお店もありました。

他方、営業しているお店もあります。


その中で突如として、東京都は給付を発表。

そうすると、無理やりお店をやっていた業者は15万円をもらえなくなるという不都合が出ます。これは休んだもの勝ちといっていいでしょう。


休業要請の対象になっていないにもかかわらず、休んでくれたら給付金・・・

ここは一律給付でもいいような気がします。

しかし、そうするとなんで理美容業者だけ?となります。


今から休業しても間に合うのでしょうか?

詳しくは下記のページをご覧ください。

https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/attention/2020/0428_13328.html

55回の閲覧

弁護士 福富 裕明​

Copyright©2020 Hiroaki Fukutomi

Attorney at law

​Daini Tokyo Bar Association

  • Twitter Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now